« Prev  
TOP > MAGAZIN

JUNON 2009年07月号

2009
発行日 09-05-23 掲載ページ数 3ページ+α:カラー
出版社 主婦と生活社
タイトル 「ROOKIES-卒業-」完全燃焼!
書籍名 JUNON (ジュノン) 2009年 7月号

JUNON (ジュノン) 2009年 07月号 [雑誌]JUNONで、ちゃんと個人ページを設けてあるのはこれで2回目です。
前回もそうでしたが、JUNONが尾上さんを「スター★扱い」してくれた証拠(笑)なのか、巻末のSTARS DATA FILEに名前が載ってます。^^

このJUNONは買った人が多いと思いますが、尾上さんのページが
まるまる1ページあって、
尚且つ桐谷さんとの対談が
2ページ(!)もあり、おまけに
目次にも尾上さんと桐谷さんの写真が使われているという、
永久保存版な1冊でしょう。笑
尾上さんと桐谷さんは、なんとなく「芸人枠」で載ってる感じですが。笑

この目次の尾上さん写真がWEBで見られるとこを発見したので、リンクしておきます。^^
→ YOMIURI ONLINE

盛りだくさんなので、ページごとにご紹介します。



 P16  表紙や個人ページでも使われている、スコアボード前でのショットです。
同じものではなくて、これはちょっとニッコリしてますね。

 P29  「夢に向かっていくニコガクメンバーの後ろ姿が好き」とサブタイトルに書いてある、
尾上さんのインタビューページ。写真は表紙の大きいバージョンで、寒かったのか、ちょっと血色が・・・。笑 

ROOKIESの現場が、ほんとうに学校みたいで、野球をやるシーンは部活みたいだと言ってますね。
映画の試写を見て、「めっちゃ泣きました。」とも。映画のストーリーで泣くというより、
今までの撮影の時のことを思い出して泣いちゃうみたいです。^^ 最後の締めの言葉が初見なんですが、
きっとこの先、どんな仕事をしても「『ROOKIES』の人」って言われると思うけど
ちゃんと肝に銘じてるというか、自分の位置が分かってるというか・・・。
この冷静な言葉に泣けてきます。「ROOKIESの人」と言っても、知らない人もまだまだ多いでしょうし。泣笑
役者として人間として、もっともっと成長できるように頑張っていきたいです。
これからも、頑張ってくださいっ!!!!!!!!!!!!!!^^

 P32  「固い友情で結ばれた13人が選んだ ミスターROOKIESは誰だ!」というQ&Aで、
尾上さんの答えは
Q1.ミスターROOKIESは誰だと思う? → A1.全員
Q2.プライベートで、ニコガクメンバーで集まってやりたいことは何? → A2.旅行
このミスターROOKIESの欄のコメントで、「部長の池辺先生も忘れちゃいけない(笑)」って
言ってるところが、尾上さんらしい役者の目って感じですね。^^

 P36,37  「平っち×今岡の『ROOKIES-卒業-』見どころSHOW」というタイトルが。
サブタイトルは「ニコガク 裏のゴールデンコンビがお届け!感動シーンをまさかの再現!?」
・・・・裏のゴールデンコンビって。あくまでも「裏」ですね。笑

写真は桐谷さんとのツーショットで5カット。期待通り(笑)のオモシロポーズもあります。
このページは、延々と二人で見どころをボケツッコミで語ってるので、全部読まないと面白くないですよね。笑
そんな中で、ちょっとだけニコガクのみんなとのエピソードを語ってるのでそこだけ抜粋します。
たぶん僕が一番誘ってたと思うけど、飽きもせずにつきあってくれて。
「キャッチボールしようよ」って言ったら「おぉ、しよう!」って一緒にやってくれる、
そんなみんなが大好きです。(笑)
あの・・・・まるで野球を覚えたての、小学生みたいなんですが。笑

 P38,39  「ニコガク野球部が地元・二子玉に帰ってきた!」というレポートには
全員集合写真の中だけですが尾上さんが写ってます。

 P41  「生みの親が語る、もうひとつの『ROOKIES』ストーリー」で、プロデューサーの石丸彰彦が
各キャストのキャスティングにまつわる話と、全員どこかを誉めてます。笑
見出しに「尾上寛之はタンポポのような役者」とあって、「役者・尾上が大好きなんです。(笑)」と書いてますね。
尾上さんファンなら、たぶん読んでニヤニヤしちゃうんじゃないでしょうか?

 2008.10.13 Mon   MAGAZIN.BOOK 09-   Comment:5   PageTop  

PINKY 2009年7月号

2009
発行日 09-05-23 掲載ページ数 1カット+α:カラー
出版社 集英社
タイトル チーム男子ここにあり! ROOKIES!
書籍名 PINKY (ピンキー)2009年7月号

ROOKIESの特集は全部で4ページ。最初に「ゴー!ニコガク、ゴー!」の体勢でニコガクナインが
カメラを覗き込んでるような集合写真が。尾上さんは濱中役の石田さんに肩を組まれてます。

「撮影中のニコガク13名に聞きました!!」というページには、もちろん尾上さんのコメントもあります。
尾上さんの写真は、今にもコケそうなところを撮ってるような表情です。笑
【撮影中のエピソード】 4ヶ月のブランクがあった映画の撮影は筋肉痛がスゴかった!
【メンバーを家族に例えて】 お母さんは絶対城田優!
【小さい頃の夢は?】 (文集の話で、小学四年生2009年6月号と同じ内容です。)
【高校生の頃夢中だったこと】 (バスケ部エピソードで、SEVENTEEN 2009年6月号と同じ内容です。)
【男に生まれてよかったこと】 殴り合いのケンカをしても後腐れなくすっきり終われる
【映画化への意気込み】 夢に向かって突っ走るカッコよさを観てほしい!!
今までの雑誌で見たことあるコメントが多いですけどね。^^
この「メンバーを家族に例えて」ですが、他のキャストが、尾上さんを家族に挙げてる人は・・・・皆無でした。笑
DVD「ROOKIES」裏BOXの「超オフオフ座談会!」でも、尾上さんはみんなに「コンビニ店員」って
言われてましたもんね。笑 → DVD「ROOKIES」裏BOX 特典レビューはこちら

あと、「男に生まれてよかったこと」で、殴り合いのケンカって言ってますが、
尾上さんが殴り合ってるところが想像できません。酔っ払ってたら分からないですけどね。苦笑

 2008.10.13 Mon   MAGAZIN.BOOK 09-   Comment:2   PageTop  

月刊 TVnavi 2009年7月号

2009
発行日 09-05-23 掲載ページ数 1カット+α:カラー
出版社 産経新聞社
タイトル 映画公開直前!徹底ガイド ROOKIESドラマプレイバック
書籍名 月刊TV navi (テレビナビ) 2009年7月号

ROOKIESの特集は5ページありますが、全部ドラマと映画の写真です。
オフショットや雑誌オリジナルの写真はありません。特集の構成も、ドラマを振り返って、
各メンバーの見どころだったシーンを紹介したり、役の紹介がほとんどです。

そんな中、「各キャストがグッときたシーンとともに紹介」と書かれていて、メンバー紹介のところに
「ここにグッときた!」というコメント欄があったので、ご紹介しておきます。^^
尾上さんが「グッ」ときたドラマのシーンは、第5話だそうで
川藤先生が「どれも全部、俺には感動の名場面だ」って言うところ。
川藤先生が試合中に、ニコガクがかつて甲子園に行った事があると、明かすシーンです。
「今岡のアンダースローも。」って言ってましたね。^^ 平っちがオチに使われてましたが。笑
そんな風に、人に言ってもらえることってあまりないことだし、
幸せだなと胸が熱くなりました。
確か5話まで、先生が一人一人の名前を呼んで、誉めるようなシーンはなかったので、とても印象的でした。^^

 2008.10.13 Mon   MAGAZIN.BOOK 09-   Comment:0   PageTop  

月刊ザ・テレビジョン 2009年7月号

2009
発行日 09-05-23 掲載ページ数 +α:カラー
出版社 角川グループパブリッシング
タイトル 映画「ROOKIES-卒業-」13人座談会
書籍名 月刊ザ・テレビジョン2009年 7月号

座談会と題して、尾上さんの初見エピソードがありました。写真は集合写真(ゴー!ニコガク!ゴー!と、
ピラミッドのように全員が集まってる写真)が2ページと撮影中のカットが1枚あります。
撮影中のカットは、尾上さんが真ん中のようなトリミングで、まるで主役のようです。3×5cmですが。笑

エピソードは、ドラマが終わってから、映画クランクインまでの間の出来事で、
尾上「蒼甫くん、よくキャッチボール誘ってくれたよね」
高岡「まあ、オレは単純に野球が好きだからボールをいじりたかったのもあって」
と、いうことらしいです。なんとなく、付き合いも長いし尾上さんを誘いやすいんでしょうね。
やっぱりパッチギ!のやんちゃな兄貴に従順な弟子って感じです。笑
このあと、みんながオフに会ってたことを聞いて、桐谷さんがちょっとビックリしてます。
お笑いコンビの気持ちが分かったらしく、オフの時は逢わなくてもええやんと思ってたと言うんですが、
尾上「僕は会いたかったよ」
桐谷「え、そうか?オレ悪いやつみたいやんか(笑)」
ちょw、素直も驚く忠犬ハチ公ハケーン!@@
このミラクルストレートな告白!変化球ナシ!脳とお口が直結(笑)!!!

「今岡?あいつは直球しか投げられねーよ。」(by:安仁屋)

なんて表現したらいいんでしょうねー。辞書で調べて思いつく言葉を並べてみました。笑
天真爛漫、無邪気、無垢、純真、純粋、純朴、素朴、素直、
温順、柔順、従順、誠心、ピュア、おおらか、屈託がない・・・
こんな感じでしょうか?まぁ、見事にわたしの辞書には載ってない言葉ばかりで。笑
だから魅力的なんでしょうねー。うらやましいくらいの素直さです。^^
・・・・でも、KY発言やgdgdトークの原因はここにあるような。(ぼそっ)

 2008.10.13 Mon   MAGAZIN.BOOK 09-   Comment:2   PageTop  

FLIX(フリックス) 2009年7月号

2009
発行日 09-05-21 掲載ページ数 1ページ:カラー
出版社 株式会社ビジネス社
タイトル 「ROOKIES-卒業-」でニコガク野球部が再結集
書籍名 FLIX (フリックス) 2009年 7月号

FLIX (フリックス) 2009年 07月号 [雑誌]雑誌の表紙に尾上さんが載ることは、たぶん今後ないでしょうね。
尾上さんのページが1ページあって、インタビューは何度も語ってる内容で、特筆すべきことはないです。笑
まぁでも、今までの尾上さんgdgdトークを聞く限り、ライターさんっていうのは要約するのがうまいなぁ。

プロフィール紹介のところで、「舞台Biloxi Bluesに挑戦した」って書いてありますね。
そうやなぁ、挑戦やってんなぁ・・・・。初舞台なのに、今から思い出せば頑張ってましたよねー。^^
尾上さんは舞台に出るたびに、カーテンコールで泣くんでしょうか?笑

それにしてもこの尾上さんの、あぐらをかいて座ってる写真・・・・・・
一言で表現するならば。

「こんにちわ。
ぼく、今岡ゴリラです。」

 2008.10.13 Mon   MAGAZIN.BOOK 09-   Comment:3   PageTop  

non-no 2009年6月5日号 vol.11

2009
発行日 09-05-20 掲載ページ数 +α:カラー
出版社 集英社
タイトル ROOKIES この夏一番熱い男達!
書籍名 non-no 2009年6月5日号 vol.11

このnon-noも発行部数がそこそこ多い女性ファッション誌ですね。
尾上さんのインタビューや個人コーナーはないけど、オフショットがちょっとあったりします。
まず、見開きにニコガクナインの学ラン姿がドーン!と。めずらしく今岡&平っちが前列です。^^
いや・・・前列というか平っちは寝転んで(笑)今岡と関川が両端に座ってます。
CanCamにつづき、それなりにオトコマエバージョンの今岡で、
TUBAKIやアジエンスのCMに出られそうな(笑)つやっつやの天使の輪なキューティクル具合です。

次ページで、隆太さん、市原さん、小出さんが対談してるのですが、そこでちょっとだけ尾上さんの話が。
ふたりに誉められて、照れてしまった隆太さんが、他のメンバーの話に話題を振った続きです。
小出:例えば、場をパーッと盛り上げてくれるのは(桐谷)健ちゃんで。
市原:頼りになるアニキ的存在と言えば、(高岡)蒼甫くんかな。
佐藤:気配り上手なのは(城田)優。
小出:(尾上)ヒロも、いつも落ち着いて周りの状況を見てたと思う。
佐藤:ヒロは素直さもNO.1。みんなが涙を我慢してるところで、ウルッとしたりして。
    お酒を飲むとオモシロキャラにも変身してた!・・・なんだか一番活躍してるぞ(笑)?
尾上さんが、落ち着いて周りを見てたっていうのは、言い回しは違いますけど、
前に対談で隆太さんも言ってましたね。でもお酒を飲むとオモシロキャラって・・・・モノは言い様やなぁ。笑

オフショットでは、前にマーガレットに載ってた市原さんとの爆笑シーンの続きみたいな写真があります。
ベンチに座ってる尾上さんに城田さんが寄りかかりじゃれてるところを、高岡さんがカメラで撮ってたり、
高岡さんのリーゼントに興味津々な尾上さんが、髪をいじってたり。(これは後姿だけです。)
これはめずらしい写真ですが、村川さん(塔子ちゃん)やニコガクナインといっしょに
お昼ご飯に並んでいるところなどが写ってます。^^ 全部小さいですけどね。

 2008.10.13 Mon   MAGAZIN.BOOK 09-   Comment:2   PageTop  

SpyMaster (東海版) 2009年05月号

2009
発行日 09-05-13 掲載ページ数 +α:カラー
出版社 やまの出版
タイトル 「ROOKIES-卒業-」
書籍名 SpyMaster (スパイマスター)東海版 2009年05月号

東海地区でしか売ってないみたいで、どなたか見かけたら内容を教えてくださいと言ったものの、
その後どなたも反応がなく(泣)気になってたのでオークションで見つけて買ってみました。
ROOKIESでたったの1ページしか載ってなかったので、うーん・・・空振りに近いなぁと思ってたんですが、
尾上さんの初エピソードがあったのでご紹介しておきます。^^
Q:映画を観てココは泣いた!というシーンは?
A:何ヶ所かあったんですけど、隆太くんのセリフ。『お前たちは俺の夢だ』というセリフですね。
Q:名古屋についてひと言
A:台湾ラーメンのスペシャルを食べて、お腹が痛くなりました。(笑)
ドラマの時のぴったんこ見てても、小食っぽかったですしね。
「まだまだ~~!」といいながら、実は満腹だったかと思われ。大盛りは尾上さんにはキツイんでしょうね。笑
写真は名古屋でのメンバー9人との集合写真で、ユニフォームを着て写ってます。

 2008.10.13 Mon   MAGAZIN.BOOK 09-   Comment:0   PageTop  
« Prev