TOP > TV.DRAMA 94-02

この指とまれ!!

age9.小4
1995
キー局 NHK 放映日 95/01/30-95/03/16
全話数 28   出演回 中盤? 
役名 (キスギユウタの弟)
番組名 この指とまれ!!
レビュー

DVD特典
DVD・VHS
番組公式サイト
1995年度(第46回)芸術選奨新人賞(放送部門)受賞(井上由美子)対象作品。大阪一とうわさの関東煮(かんとうだき)屋の一人娘・すみれ(藤山直美)のもとに教育委員会から母校...
【 主な出演 】 藤山直美、別所哲也、岸部一徳、久我美子、桂枝雀、清水真実、山口森広、藤平涼二、為重絵美、円広志、喜多村英三、多賀勝一、石井トシコ、ルビー・モレノ、國村隼、高橋かおり
 

総集編しか見てないのでわかりませんが、セリフは無しでほんの30秒ほどの出演でした・・・。
それでもクレジットには堂々と 尾上寛之 の4文字が!
「ぴあの」でデビューした翌年の深夜20分枠のドラマで、9歳(たぶん小4)の頃?

私が見た中では一番幼い頃で目が黒目がちでメチャあどけなく、もっと年齢が下に見えます。
誰でもそうですが、この頃はかわいいですねー。(いや、まぁ、今も・・・)

黄色のジップアップトレーナーに、半ズボン・白ソックス姿。 髪はくせ毛じゃなさそーなんで、
おかっぱをちょっとシャギーにしたような、 この年頃の男の子の典型的なショートカット。
面影があるから「あ、この子や!」ってわかるんですけど、次の「ふたりっ子」のほうが、より今に近いかな。

兄・ユウタの担任すみれ先生(藤山直美)に抱きかかえられ、 両親の口論を「きょとん」と見てて
なんだかちょっと眠そうです。 口論も終り、こたつであおむけに寝てしまっているシーンでは、
ちょっと目蓋がピクピクしていて、やっぱり子供らしい・・・間違いなくうそ寝ですね。笑
ただ、セリフがなく声が聞けないのが残念でした。

スポンサーサイト



 2008.10.06 Mon   TV.DRAMA 94-02   Comment:0   PageTop  

ふたりっ子

age10.小5
1996
キー局 NHK 放映日 96/10/07-97/04/05
全話数 150 出演回 1-7? 
役名 佐藤
番組名 ふたりっ子
レビュー

DVD特典
DVD・VHS
番組公式サイト
向田邦子賞受賞(大石静)作品。大阪庶民のシンボル通天閣を間近に望む天下茶屋界隈を舞台に繰り広げられる波瀾万丈のホームドラマ。「双子の少女、麗子と香子は、1966年、大阪の...
【 主な出演 】 岩崎ひろみ、菊池麻衣子、三倉茉奈、三倉佳奈、手塚理美、段田安則、内野聖陽、高島忠夫、香川京子、宮川大助、宮川花子、中村嘉葎雄、吉田勝浩、伊原剛志、桂枝雀、山本太郎、河合美智子、田口浩正
 

DVD完全版も販売されているけど、多分7話くらいまでしか出てないと思い、 まだ買いあぐねていて
総集編しか見てません。 もうちょっとしたら値段が安くなるかなーと思ってるんですが。
大阪NHK制作の朝の連続テレビ小説で視聴率が高かったみたいですね。
双子の姉妹マナ・カナ(三倉茉奈・佳奈)が出てて、なーんとなく覚えてます。

10歳(たぶん小5)の頃でしょうか。 子供の頃は成長が早いので 「この指とまれ!!」 と比べて
顔立ちがハッキリしてやんちゃな顔になってる感じ?
最初のマナ・カナが出ていた回のクラスの同級生役で、 総集編では教室でのシーンでちょこちょこ出演。
ほぼ顔アップになることがないけど、マナ・カナの席に近いから何度か映ってます。

給食当番の男の子をひやかしたセリフがあって声にも面影(?)が。
ほかに授業参観のシーンで発言したり、自ら手を上げ先生に当てられ、黒板に問題を解きに行くシーンも。
この頃の小学生男児お約束の半ズボン姿で、Tシャツやブルーのチェックのシャツ姿。
日焼けしているのかちょっと浅黒くみえる・・・?夏なのでプール焼けでしょうか?

 2008.10.06 Mon   TV.DRAMA 94-02   Comment:0   PageTop  

夜会の果て

age12.小6
1997
キー局 NHK 放映日 97/09/10-97/10/15
全話数 6    出演回 6
役名 榎本春之助
番組名 夜会の果て
レビュー

DVD特典
DVD・VHS
番組公式サイト
黒田清隆とその妻・滝子を題材にした作品。先妻との噂、養女との関係を疑いつつも、人間味豊かな夫に惹かれてゆく妻と、実在の明治の元勲の夫婦愛が、鹿鳴館前後の政情・世相を...
【 主な出演 】 江守 徹、黒木 瞳、田村英里子、なべおさみ、月見 恭子、森山周一郎、佐々木功、三林京子、財津一郎、長門裕之、牟田悌三、寺田 農、磯部 勉、早坂直家、赤座美代子、水野 麗奈、大竹修造
 

明治時代の政治家の話で、2代内閣総理大臣の黒田清隆(江守徹)と、その妻・滝子(黒木瞳)が主人公。
その話にでてくる外務大臣・榎本武揚(佐々木功)の息子役です。
尾上さんが11歳(小6)の頃で、ほんのちょっとしか出てないです。
実在の人物なのか、クレジットには「尾上寛之」の上に役名「榎本春之助」と書いてあります。

夜、黒田清隆の家に榎本武揚が子供をつれて来ていて、庭で双方の子供たちが遊んでいるシーンで登場です。
男同士で酒を飲みながら語り合っている横から、なにやら騒がしい子供がふたり。
白地に紺がすりの浴衣を着た男の子がじゃれあい叩き合っていて、兄弟の兄が尾上さんみたいです。

「えんがちょ!」バチン!「えんがちょ!」バチン!と、セリフはこれだけ・・・。
「えんがちょ」ってなに?という方は検索を。笑 いやぁ、しかし、こ・れ・は・・・。この髪型は・・・。
まゆ毛の3センチくらい上で、ばっさり切りそろえた、よく言えば「マッシュルームカット」で
暗くてよくわからないですが、きっとモミアゲが・・・「ない」。 刈り上げているように見えます。

きっと尾上さんの人生の中で MAX にぽっちゃりしてるんじゃないか????って感じです。
とっても短い出演だけど、衝撃映像(?)が見られたので、まぁよかったということで。

 2008.10.06 Mon   TV.DRAMA 94-02   Comment:0   PageTop  

メゾン風の丘

age13.中1
1998
キー局 TX   放映日 98/10/04
全話数 単発  出演回 単発 
役名 (美樹の友達)
番組名 メゾン風の丘
レビュー

DVD特典
DVD・VHS
番組公式サイト
1999/08にもKTV「夏休みファミリー劇場」にてオンエア。厳密には文化映画と考えられる。協力・大阪府同和事業促進協議会。後援・総務庁長官官房地域改善対策室。...
【 主な出演 】 篠田三郎、根岸季衣、あいはら友子、上楽敦子、下川辰平、佐藤 綾、遠藤太津朗、大沢あかね、隈本吉成、芹川智一、岡田翔太、ひろみどり、深川哲嗣、村崎ゆか、尾上寛之、玉木文子、
 

文化映画というか人権教育ドラマで、ストーリーもよく練られていて
主人公の佃幸四郎(篠田三郎)が安心感のある温和な人を演じていました。
メゾン風の丘というマンションに住む小学生男児の同級生で、芝本美樹(大沢あかね)の友達役。
11歳(中1)なので、もう顔の感じは今と変わらず、ファンなら「この子だ」と絶対わかりますよー。

小学生役だからか同級生のなかでは 一番背が高く見える!
ラインやロゴがはいったスポーティーなモスグリーンのトレーナーに迷彩柄のカーゴパンツ、
黄色のトレーナー姿も。声はまだ子供っぽく、多少甲高いですね。
クラスの男の子の足を引っ掛けてコケさせたり、やんちゃなガキ大将っぽい役です。

教室の廊下のシーンで、コケさせた尾上さん演ずる同級生に怒り、正義感の強い美樹が
「かかってこい」みたいなポーズを取ります。美樹が柔道着を着て、かまえているように錯覚し、
彼が 「ええっ」 みたいな顔で目をしばたかせるのが見どころです。
今のコミカル系な演技の原点(?)のような表情が見られました。

 2008.10.06 Mon   TV.DRAMA 94-02   Comment:4   PageTop  

少年H ~青春編~

age15.中3
2001
キー局 CX   放映日 01/03/23
全話数 単発  出演回 単発 
役名 H<妹尾肇>
番組名 少年H ~青春編~
レビュー
 /><br /><img border=
DVD・VHS
番組公式サイト
【 主な出演 】 中井貴一、桃井かおり、尾上寛之、増田安那、岩城滉一、西村雅彦、井川比佐志、笑福亭鶴瓶、伊崎充則、田中千絵、不破万作、六角精児、キムラ緑子、田中邦衛、津川雅彦
 

尾上さんファンならご存知の「300人のオーディションから選ばれた」妹尾肇の中学生期役で
14歳(中3)の頃だと思います。クレジットはオープニングで中井貴一、桃井かおりについで3番目。
主役なので、見どころ満載で語りつくせませんねー。
ナレーションも尾上さんがしていて、「本日またまた休診なり」でもうまいな、と思ったけど、
耳にすんなり入ってくるにごりのない声ですね。

しかし、とにかく坊主頭がよく似合う!笑 昭和20年頃の中学生にピッタリくるなつかしい感じの顔。
防空頭巾をかぶった姿は、ほんとうにその時代の白黒写真に写っていそうです。笑

教官に殴られても気の済むまで殴れと言ったり、爆撃による火事で母親がパニクってるのを
叱咤するシーンなどは、気が強いしっかりした表情です。
仲良し3人トリオのやりとりではやんちゃな笑顔がのぞきます。
戦争が終わり戦災者住宅に住む頃から、H少年の自我がめばえ反抗期にさしかかっているんでしょうか。
親元を離れていってしまうくだりがとっても切ないですね。

干してあるシーツに巻きつき泣くシーンや、砂浜に寝転がり砂をつかむ手の表情など
演出も非常によく、尾上さんのがんばりをうまく引き出していたと思います。

このドラマ出演で、演出の杉田成道(「北の国から」の演出で有名)にかなり影響され、
大きな転機になったとコメントしている雑誌をいくつか見ましたが、確かに
喜怒哀楽すべてを出し切っている感じで演技の深さが感じられる、ほんとにいい作品です。

 2008.10.06 Mon   TV.DRAMA 94-02   Comment:0   PageTop  

京都迷宮案内スペシャル

age16.高1
2001
キー局 ANB 放映日 01/10/04
全話数 単発  出演回 単発 
役名 勝又イッペイ
番組名 京都迷宮案内 スペシャル
レビュー

DVD特典
DVD・VHS
番組公式サイト
京都の新聞記者がかつての同僚と料理店のおかみの関係を探るうちに意外な事実が。腹部を刺された女性が発見された。発見者は料理店の車が現場から去るのを目撃。新聞記者の杉浦...
【 主な出演 】 橋爪功、香山美子、的場浩司、北村総一朗、大路恵美、勝村政信、床嶋佳子、野際陽子、市田ひろみ、鶴田忍、辻本茂雄、谷口高史、小川剛、伊東貴明、真瀬樹里、香山美子、梨本謙二郎、美松艶子
 

「新・赤かぶ検事奮戦記」シリーズで共演していたり、剣客商売でナレーターをしている橋爪功が、
新聞記者・ 杉浦恭介役に扮し事件を解決してく、ミステリードラマの2時間スペシャル編。
事件で疑われる京料理店のおかみの息子・イッペイを演じていて、 多分15歳(高1)の頃ですね。
少年Hのときよりちょっと髪が伸びた坊主頭で、めずらしい料理店の板前姿が見られました。

私服では黄色やブルーのチェックのシャツ姿。 とてもまじめで親孝行な息子という役どころで、
板前は継父に教えられて修行中のようです。 この継父と仲が良く、母親をちゃかすシーンがあって、
茶目っ気がある感じがとっても尾上さんらしいと思います。

母が過去を告白するシーンで「おかあちゃん・・・おかぁーちゃん・・・」というセリフが
今までに聞いたことがない猫なで声のトーンでした。

 2008.10.06 Mon   TV.DRAMA 94-02   Comment:0   PageTop  

壬生義士伝

age16.高1
2002
キー局 TX   放映日 02/01/02
全話数 全4部 出演回 1部  
役名 大野次郎右衛門(青年期)
番組名 壬生義士伝
レビュー

DVD特典
DVD・VHS
番組公式サイト
ギャラクシー賞選奨受賞。ATP特別賞受賞。橋田賞受賞作品。吉村貫一郎(渡辺謙)は、南部藩随一の文武両道の士といわれたが身分は低く、2人の子どもを抱えて一家は飢餓に襲われ...
【 主な出演 】 渡辺 謙、高島礼子、内藤剛志、柄本 明、伊原剛志、金子 賢、竹中直人、萩原流行、村田雄浩、高杉瑞穂、渡辺 大、安倍なつみ、筧 利夫、岡本  綾、夏八木 勲、岸田今日子、津川雅彦
 

お正月2日に放映された恒例の長編ドラマ・第1部に、内藤剛志が演ずる「大野次郎右衛門」の
青年期役で出演です。 新撰組の主人公・吉村貫一朗(渡辺謙・青年期は、実の息子の渡辺大)の
幼なじみで、貫一朗の伴侶となるしづ(高島礼子・少女期は安倍なつみ)に恋心を抱くシーンから登場です。

木の陰からじっとしづ(安倍なつみ)を見つめていて、 人が通ると「はっ」とこちらを向いて目をそらしたり
貫一朗にしづが好きだ、嫁に欲しいと相談するけど、 身分が違うからダメだといわれ言い争うシーンも。

「嫁さ、来でぐれ」みたいな盛岡訛りのセリフでシーンが展開していくんですが、
この訛りがとっても新鮮。初チョンマゲ姿で、この後も剣客商売などで見られるけど、
このドラマの役どころもあり一番凛々しく見えますね。
出演の最後の最後に、にっこり笑うシーンが八重歯がのぞいてすごく愛嬌がある顔です。

 2008.10.06 Mon   TV.DRAMA 94-02   Comment:0   PageTop